読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

自分メモじゃなくって、うすらぼんやりと期待を持ってもらいたい告知関係

告知

拡散希望】とTwitterに書くことはたびたびして来ましたが、意外に皆さんスルーしてくれて、わりと拡散しない経験があるので書くのは控えてますが……

(だって【拡散希望】って書いたツイートがRT数件とか、すげえ恥ずかしいもん。)

 

でも書いても書かなくても、前の記事で触れた「伴天連XX」他エピソードの可能性については、TLに見えた1件の反応しか見えませんでした。

正直、残念です。

アップした時間も悪かった。

みんなそんなにテレ東でコマンドーに夢中だったのか?

 

ま、いいですそんなこと。昨日仕事関係の関係者の知らせで、ひとつ残念なことがあったんですが、逆に今朝になって良いこともあって。

着々と作家としての復帰への道を固めております。

 

読切の掲載が決まっています。

f:id:iharadaisuke:20130821112209j:plain

Twitterにも掲載した、このネームが……って、モザイクでまったくわかりませんね。

でもこのネームのマンガについて、おそらく来月には告知出来ます。

今朝、予告カット用のイラストが届きました。

さて、マンガを執筆するのは誰でしょう?

これを使用した「次号予告」が掲載されたら、そこも含めてきちんと告知いたします。

 

新連載が決まっています。

これは先日からずっとお知らせしているものです。

猪原の作業的には3話まで終わっています。4話の仕事を今月中にしなくちゃならんのですが、まだ手を付けていません。

ちょっと先行し過ぎなんで、本当に掲載されるのか不安なのも正直なところです。

 (載りますよ。本当に。しばらくぶりの仕事なんで、ちょっと俺がナーバスになってるだけです。)

 今月末か来月アタマには、告知解禁になると編集さんから聞いています。

 

新連載が(ほぼ)決まっています。

タイアップのような企画で、マンガ自体は必ず掲載・連載されますが、猪原の漫画原作ライターとしての手腕が試されているようなものです。

現在プロットを作成中ですが、これがダメダメなら開始前からお役御免でしょう。始まる連載に私の名前が付されるかどうかは、出来上がったもの次第。

ちょっとプレッシャー感じてます。

これの〆切も今月中。ひー。

 

新連載が(ほぼ)決まっています。

第1話のプロットを提出しました。漫画作画担当の作家さんの感触を見て、担当編集さんの判断で猪原が原作としてどこまで仕事をするか、これから決まると思われます。

そしてその後シナリオ書くか、直で作家さんのネームになるか……なので、準備期間はもうちょっとかかります。

 実は既にマンガ作画担当の作家さんと顔合わせし、イメージイラストやキャラ表もいただいており、かなり愉快に話が膨らませそうだと有意義な打ち合わせが出来ました。

猪原が原作として投げちゃうだけでなく、お互いのアイデアや案をぶち込みつつ、楽しい作品作りが出来そうなんですけども。

さて。

 

漫画原作シナリオ本をKindle版で出版します。

これはもう内容ほぼ出来上がっています。

ずっと告知するする詐欺している新連載の告知解禁に合わせて発表出来るように、調整しています。

漫画原作者を志す方にも、漫画原作という職業がいったい何を書いているのか知りたい方にも興味深い内容だと思います。

 

ちなみにこのブログの背景、気づいてらっしゃるでしょうか?

これ、猪原の手がけた、

伴天連XX(2) (ファミ通クリアコミックス)ものミコ

伴天連XX」のシナリオと、「ものミコ」のネームをコラージュしたもの。

コラージュだしブログ背景だし、見てもよくわかんないでしょうけれども、とりあえずシナリオに関しては「賽の目記ブックス」第2弾となる猪原のシナリオ集で、猪原がどんな「漫画原作の書き方」をしているかわかってもらえるように作っています。

「伴天連XX」と「ものミコ」の原作を収録するわけではありません。

脱『草食系』実践ナンパテクニック・路上編

脱『草食系』実践ナンパテクニック・路上編

 賽の目記ブックス第一弾は、ジャンルも執筆者もまったく違いますが、猪原賽の個人出版レーベルとして、どうぞよろしくお願いいたします。

 

オマケ。

たぶん9月解禁になるサプライズがあります。

昨日の残念な関係者の知らせってのは、これが本来来週にもババーン! とお知らせ出来るはずだったものが、一ヶ月伸びたという知らせでした。

 

***************************

というわけで、今年度下半期は今まで2年間沈黙していた分、馬車馬のように働きます。

猪原賽の作家活動と「賽の目記ブックス」。そしてこのブログをどうぞご贔屓に。

 

さて、打ち合わせ行く準備しよう。