読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その2)

賽の目記ブックス 漫画原作のゲンバ

f:id:iharadaisuke:20130910120429j:plain

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その1) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その1) - 賽の目記ポータル

以下、作品すべてにおいてシナリオ・猪原賽ネーム作例カットおよび作画予定・横島一...

******(前回より)******

■10、11
  振り向く有馬本体。
  思わせぶりな表情を見せ、

  ――サッ サササッ
  と腰を抜かした小下から逃亡する。
小 下「な な な……」

  と困惑する小下の顔アップに、
  ――ドドドドドド……
  と後方から何やら音が。

  爆走するバイクのタイヤ。
  ――ド ド ド

  ――バウン
  背後を振り返った小下の上空に、
  バウンドしたプレアデスのバイクが一台飛んでいる。
メンバー「有馬ァ!!」
   「そこかァァァ!!」

  見上げる小下の顔。バイクの影が差す。
モノローグ「公園の ど真ん中に……」

  小下をはねるバイク。
  ――ガッ
モノローグ「――バイク?」

  プレアデスのメンバーが絶句している。
メンバー「あれ?」


  ベタゴマ。
メンバー「(オフ)あー ダメっすわコレ」
   「(オフ)心臓と肺が ぶっ潰れてる」
モノローグ「え?」

■12、13
  仰向けに倒れている小下目線。
  メンバーが座ってこちらを覗き込んでいる。
  ボスは立ったまま見下ろしている。
  木々。
  空。
  星。
メンバー「ヤッバい事になっちまったスね」
ボ ス「――これは 事故だ」
モノローグ「だから 助けてよ」

  同じ構図。
ボ ス「今日のところは 撤収する」
メンバー「え! 有馬の野郎 服 脱ぎ捨てるんスよ」
   「きっと近場に……」
モノローグ「撤収?」

  同じ構図。
  ボスがいなくなっており、メンバーが追って離れて行く。
ボ ス「誰かに見つかるほうが 面倒だ」
   「行くぞ」
メンバー「お 押忍!」
モノローグ「面倒って何だよ」

  同じ構図。
  しかしもう誰もいない。
  星空に向かって伸びる木々だけだ。
  ――ドルン ドルン
  とエンジンのかかる音だけする。
モノローグ「救急車ぐらい 呼んでくれよ」

  同じ構図。だんだん暗くなっていく。
  ――ドドドド……
  とバイクが去って行く音がする。
モノローグ「こんな死に方」
   「物騒もいいとこだろ」

  同じ構図。
  ――スッ
  と何者かが覗き込む。それは有馬の死体から出て来た変な生き物である。
  しかし、前のコマより更に暗くなる画面。
モノローグ「誰でもいいから……」
  ※ここまでのコマは同じ面積、4段構成、まったく同じ構図のイメージだが、背景はだんだん魚眼っぽくゆがんで闇に沈んで行く流れでも

  ベタゴマ。
小 下「(オフ)…助けてよ……」

  仰向けに倒れて、目を閉じた小下の顔。口からやばいほどの血。
  そのすぐ横に、何者かの影。
誰かの声「……おい」

■14、15
  白いコマ。
誰かの声「おい 起きろよ」
   「朝だぞ」

  ――ハッ
  と目を覚ます小下。

  ――ガバッ
  と起きると、そこは自室の布団だ。

  小下は戸惑う。
小 下「え?」

  望遠鏡がある。

  ――ガラッ
  と窓を開けると、

  自宅の駐車場に、バイクが置いてある。

小 下「バイクもある……」

  ――へたッ
  と座り込む小下。
小 下「――夢かぁ」
  心底ホっとする。

  洗面台で歯磨きをする小下。
  無造作に胸をボリボリとかく。
小 下「一体 何つー夢だよ」
   「自分が死ぬなんてさー」

  その胸をかく手は、Tシャツの下へ。

  ――ガリッ
  と指を噛む何か。
小 下「痛ッ」

  指を見る。血が付いてる。
小 下「え?」

  Tシャツの下から声がする。
何 か「ペッペッ」
   「不味ッ」

  小下は自分の胸辺りに目を落とし、戸惑う。

  おそるおそるTシャツの裾をつかみ、

  自分の胸を鏡に写す、小下の背。
小 下「な」

■16
  鏡に写った、小下の全身。
  胸に変な人面瘡が。
  有馬である。
有 馬「おい まともな朝メシ食わせろよ」
   「指じゃなくて ソーセージとか よ」

  小下、蒼白。

■17
  あっつあつのアイロンのアップ。
有 馬「(オフ)や」

  小下の自室。
  アイロンを自分の胸に押し付けようとしている小下。パニック。恐怖。熱い。
有 馬「やめろ! お前も熱いぞ!」
   「ヘタ打つと死ぬんだぞ!」
小 下「だ 黙れぇぇ 化物ォォォ……!!」

有 馬「化物じゃねェ!」
   「き 昨日見ただろ!?」

  ハッとする小下。
  その脳裏に浮かぶ、有馬の死体から抜け出た変な生物。
  (その面影が、胸の人面瘡にはある。)

  小下はぐいっとアイロンをつく。
小 下「やっぱ化物じゃないか!」
有 馬「あ 熱ッ 熱ッ!!」

  しかしそれは小下もだ。
小 下「熱っちぃ!!」
  アイロン投げる。
有 馬「ほら見ろ」

  胸に包帯をぐるぐる巻きにする小下。
有 馬「く 苦し…… モガフガ」
  と反応するが、小下の目は若干瞳孔が開いている。
小 下「妄想だ 妄想だ 妄想だ……」

■18、19
  登校する小下。制服。
有 馬「(おい ちょっと 話を聞け!)」
小 下「(夢だ 幻だ)」

  教室で一人外を見る小下。
有 馬「(現実を見ろ! この野郎!)」
小 下「妄想だ 妄想だ 妄想だ……」

  隣の席のクラスメイトが声をかける。
  女子だ。今後ヒロインになる、天文部の女子部員。名前は織部。
織 部「どうしたの? 小下くん」

小 下「あ 織部さん」
   「いや 何でも ハハハ」

小 下「単に 昨日 星を見に行ってね」
   「キレイだったなーって」
織 部「昨夜は 天気良かったからね」
   「あたしも 眺めてたよ」
   「ベガとアルタイル――織姫と彦星」

織 部「その実際の距離は約15光年……」
   「光ですら15年かかる距離を 一年に一回 七夕の時だけ思いだけが伝わるって ちょっと ロマンチックだよね」

  小下はふっと笑顔になる。ロマンチックだ。織部さんかわいい。

  そんないい雰囲気に水を差す笑い声。
有 馬「ぶわははははははは!!」
  大笑いが、小下の胸から聞こえる。
小 下「!!」
織 部「?」

有 馬「ベガもアルタイルも もうとっくに消滅

えてるぜ!」
   「しかもロマンチック?」
   「お互いいがみ合った末の 星間戦争で 一瞬でパーン! だぞ!」
  ぶわははは。
小 下「え ちょっと……」

織 部「小下くん……?」
  と心配そう、かつ涙目。
小 下「あ お 織部さん これは その……」

  ――ダッ
  と教室から逃亡する小下。

  屋上。
小 下「(オフ)どういうことだよ!?」

  胸をはだけて、有馬の顔が出ている。
小 下「何言い出すんだ お前ェェ!!」
  それを糾弾している小下だが、
有 馬「やっと まともに俺と会話する気になったか」

小 下「か 勝手に話すんじゃねーよ 化物!」
有 馬「化物じゃねぇ 俺は……」

 

 

漫画原作のゲンバ (上)

漫画原作のゲンバ (上)

 
漫画原作のゲンバ (下)

漫画原作のゲンバ (下)

 

(続きはコチラで全文読めます。あるいは次回の更新をお待ちください)

 

【バックナンバー】

『漫画原作のゲンバ』――まえがき - 賽の目記ポータル

『漫画原作のゲンバ』Kindle専売とあってなかなか手に出してもらいづらい状況にあることがわかりました。というかいきなり本を出しても存在を知ってもらえないんです...

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その1) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その1) - 賽の目記ポータル

以下、作品すべてにおいてシナリオ・猪原賽ネーム作例カットおよび作画予定・横島一...

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その3) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その3) - 賽の目記ポータル

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その2) - 賽の目記ポータル・■20、21有 馬「――宇宙人だ」絶句する小下。有 馬「俺はアンドロメダ銀河連合 地球特派...

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その4) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その4) - 賽の目記ポータル

■30、31服の下の有馬。有 馬「(こいつは……やべェ……!)」「(やるしか ねぇか……!?)」小 下「僕は地球人だ!!」大声で叫ぶ。メンバーは一瞬ひるむ。メン...