読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その3)

f:id:iharadaisuke:20130910122125j:plain

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その2) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その2) - 賽の目記ポータル

・■10、11振り向く有馬本体。思わせぶりな表情を見せ、――サッ サササッと腰を抜かした小下から逃亡する。小 下「な な な……」...

******(前回より)******

■20、21
有 馬「――宇宙人だ」

  絶句する小下。

有 馬「俺はアンドロメダ銀河連合 地球特派兵――アルマクロー」
   「昨夜は プレアデス星団の奴らとの戦争中 お前を巻き込んじまった」

小 下「え え?」
   「宇宙人? 戦争?」
   「な なに言ってんの……?」
   「昨日は 僕は公園で……」
有 馬「いいか お前 小下とか言ったか?」
   「お前はな 昨夜 公園で」

有 馬「(オフ)――バイクにはねられ 死んだ」
  小下、二度絶句。


有 馬「厳密に言えば 心肺停止状態にあった」
   「我々 地球特派兵は 現地人への干渉は ご法度だ」

  イメージカット。
  裸の小下が背中をこちらに向けた全身。
  それと背中合わせで、昨夜の有馬の正体である姿。
  さらにその向かいに、有馬九郎だった肉体が倒れている。
有 馬「(オフ)加えて 俺自身も 地球人型義体(テラ・スーツ)を失って 瀕死の状態にあった」
   「(オフ)お前を死なすわけにはいかないし 俺も生きたかった」
   「(オフ)だから」

  イメージカット。
  今朝の、鏡の前の小下。胸に有馬。
有 馬「(オフ)俺は お前の身体に融合した」

有 馬「今 お前が生きているのは 俺の内臓が お前の心肺の代わりに働いているからだし」
   「逆に俺は お前の身体という 地球環境に適した肉体に守られ 生きている」

  思い出す小下。
ヤンキー「有馬の野郎 服 脱ぎ捨てるんスよ」

小 下「じゃあ 昨日のバイクの連中も……!」

■22、23
  バイカー集団のイメージカット。
有 馬「(オフ)言ったろ」
   「(オフ)プレアデス星団の兵隊だ」
カコミ「チーム〝振亜死神(プレアデス)〟――プレアデス星団 地球特派兵」

小 下「な 何してるんだよお前らあああああ!!」
   「地球で! 日本でさぁああああ!!」

  ――むぁ~ん
  と口から星図を出す有馬。
有 馬「見ろ」

  星図から空中に宇宙が投影される。
有 馬「(オフ)これは〝星図(フラッグ)〟」
   「(オフ)今の宇宙を映し 故郷の星を指し示す!」

小 下「これは……」
  ゴクリ。

  宇宙。
小 下「(オフ)無い!」
   「(オフ)織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が!」

  前のコマの続きで宇宙。
  そして有馬の宇宙人姿のイメージ。
有 馬「極度に文明が進んだ宇宙人の戦争は 星々を一瞬にして消し去るまでになった」
   「しかしそれでは 戦争する双方が 共倒れだ」
   「だから我々は」

有 馬「星々それぞれに代表を立て 未開の辺境惑星――地球で戦うことにした」
   「俺は アンドロメダ銀河連合の代表の一人!」
   「そして」

  小下は星図を手にしている。
有 馬「最後の生き残りだ」
   「俺が死ぬか そのアンドロメダの星図が奪われれば アンドロメダは……」

小 下「――消える!?」

  街。
小 下「(オフ)そんな……」
   「(オフ)星間代理戦争が 地球で……日本で行われてる……?」

■24、25
  街を歩いている小下。
有 馬「いや ここ 天川市で だ」
小 下「街も限定してんの!?」

  街の様子。
  人が多い。
有 馬「(オフ)しかも 宇宙人はみんな 人間に擬態している」
   「(オフ)密かに 人間社会に溶け込んでいるんだぜ」

  コンビニの前でたむろする不良。
有 馬「(オフ)アイツも」
カコミ「北極星(ポラリス)特派兵」

  カツアゲしている不良。
有 馬「(オフ)アイツも」
カコミ「M78星雲連合 特派兵」

  チャリ窃盗をしようと鍵をガチャガチャしている不良。
有 馬「(オフ)アイツもだ」
カコミ「ペルセウス二重星団 特派兵」

小 下「なんでみんなヤンキーに化けてんだよ!?」
有 馬「え だって カッコイイだろ?」
   「あんまし干渉もされないし」
小 下「ある意味 溶け込んでないよ!」

  チャリ窃盗しようとしていた不良が振り向き、
不 良「ああ? 何見てんだコラ」
  とこっちにメンチを切る。

  ――ダッ
  と逃げる小下。
小 下「な 何も見てません!」

  走りながら、
小 下「(ヤンキーがみんな 宇宙人!?)」
   「(しかも 天川市(このまち)限定で!?)」
   「(どおりで 物騒な街なわけだよ!)」

  ――ドッ ドッ ドッ
  とエンジン吹かして停車するバイクから、プレアデスのボスがこっちを見る。
ボ ス「あ?」

■26、27
  たまたま、たまたまだ。
  プレアデス・ボスが、走って来た小下を通せんぼする形で停車していた。
小 下「ひっ」

ボ ス「顔 貸せコラ」

  バイクが集まっている土手。河川敷。
  橋の下。物陰。
メンバー「(オフ)生きてやがったのか!」

  小下がプレアデスのメンバーに囲まれている。
小 下「うわああ……」

  小声で、
有 馬「焦るな 言ったろ」
   「地球特派兵
お れ た ち
は 地球人への干渉は 禁じられてる」
   「やっても 強請(ユスリ)タカリ――悪戯レベルのお遊びだ」
   「命に関わるような事は しねえ」
小 下「でも……」
   「(手書きで)一回殺されてるし……」

  メンバーの一人が小下に迫る。
メンバー「あの重傷で ケロリとしてやがる」
   「さてはテメーも 宇宙人の擬態か!?」
   「どこの星の者
モン
だ コラ!?」

小 下「いや 僕 にんげ……」
  人間だと答えようとするが、言わせない。
ボ ス「アンドロメダの星図」
   「有馬九郎から渡されてねーか?」

ボ ス「アレは 俺達が最後の一人まで追い込み 奪うはずだった勝利の星図(フラッグ)」
   「持ってたら よこせ」

  有馬の不愉快そうな顔。もちろん服の下で、だ。
有 馬「!」

  小下の胸から叫ぶ有馬。
有 馬「渡すわけねーだろクソが!」
  胸のあたりを見て困惑する小下。
小 下「え ちょっと……」

  ――カツッ
  と小下にチョーパン。

  ――ぼたぼた
  と鼻血を垂らしながら、瞳孔が開く小下。
小 下「ちょ え……」

 

f:id:iharadaisuke:20130910122324j:plain


■28、29
  ボスの顔が、小下の顔の形に凹んでいる。
  ライダーゴーグルもめりこんでいる。
ボ ス「そうか 持ってるんだな?」
小 下「(オフ)ひぃっ!」

小 下「(う 宇宙人……! 宇宙人だ!!)」
   「(じゃないにしても 人間じゃない……!)」
  と絶句する小下。
  ボスの頭はゆらゆら揺れ、

  顔を勢いよく振る。
ボ ス「ふんっ」

  ボスの顔が元通り……とはいかず、何かパーツの配置がおかしい。
ボ ス「身体が丈夫みてーだからな 徹底的に可愛がれ」
   「星図はその後 回収すればいい」

  小下に一気に襲い掛かるメンバー達。
   「押忍!!」
小 下「うわぁぁぁぁぁ」

  倒れている小下。完全にリンチ。
   「オラ!」
   「どうした!」
   「ぶっ殺すぞコラ!」

  血を吐き、怪我をし、血が舞い、メガネは割れて飛び、絶望の小下。
小 下「話が……違……」
   「僕……人間…………」

 

 

漫画原作のゲンバ (上)

漫画原作のゲンバ (上)

 
漫画原作のゲンバ (下)

漫画原作のゲンバ (下)

 

(続きはコチラで全文読めます。あるいは次回の更新をお待ちください)

 

【バックナンバー】

『漫画原作のゲンバ』――まえがき - 賽の目記ポータル

『漫画原作のゲンバ』Kindle専売とあってなかなか手に出してもらいづらい状況にあることがわかりました。というかいきなり本を出しても存在を知ってもらえないんです...

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その1) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その1) - 賽の目記ポータル

以下、作品すべてにおいてシナリオ・猪原賽ネーム作例カットおよび作画予定・横島一...

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その2) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その2) - 賽の目記ポータル

・■10、11振り向く有馬本体。思わせぶりな表情を見せ、――サッ サササッと腰を抜かした小下から逃亡する。小 下「な な な……」...

『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その4) - 賽の目記ポータル『漫画原作のゲンバ』――「スターダッシュ★アルマクロー」(その4) - 賽の目記ポータル

■30、31服の下の有馬。有 馬「(こいつは……やべェ……!)」「(やるしか ねぇか……!?)」小 下「僕は地球人だ!!」大声で叫ぶ。メンバーは一瞬ひるむ。メン...