賽の目記ポータル

漫画原作ライター猪原賽公式ブログ

誕生日早々、何かが燃えています。まったくもう。

f:id:iharadaisuke:20130903075927p:plain

いえーい、今日は俺の誕生日だよー!

39歳になったよー!

ってか正月早々ブログのアクセスカウンタすげー回っててびっくりしたよwwwww

何が起きてんのか判明してクソワロタ。

いやあ、新年初笑い。皆さんありがとうございますw

まあ、『キルラキル』は『学園ノイズ』のパクリ……のわけないじゃないですか。

当然そこに『悪徒-ACT-』が絡んだとしてもですよ。

 

よくある設定?

ええ、作品づくりで参考にしたマンガがどうやら同じですし。

好きな作品を読んで、こういうのを書きたい。それが被れば似通うのも当然のことでしょう。

なので『学園ノイズ』『悪徒-ACT-』と『キルラキル』。設定が被るのは大いにあり得る。

でも作品を読めば、設定や物語、キャラの構図が類似点が見つかるものの、ストーリーはまるで違うのはおわかりでしょう?

それはパクリとは言いません。

パクリとは絵をトレースしたり、ストーリー展開が丸かぶりすることです。

まあ俺自身は『キルラキル』は3話の最終回(w)を見て満足したのでそこから見てませんけども、だいぶ今また違う話になってるんじゃないですか?『グレンラガン』とかの展開から考えるに。

 

それに設定自体には著作権的なもの無いんで、もしそれが完全に被ったとしても、俺らは訴える立場にないし、逆にそんなこと許されるのなら俺ら雁屋哲先生と池上遼一先生(『男組』)、ヒロモト森一先生(『要塞学園』)に訴えられちゃうよ!www

 『悪徒-ACT-』だって『仮面ライダー』ありきの設定だし。

 

ただ、事実としてこれは言っておきたい。

『キルラキル』の放送が始まった当初、

あれ、猪原さん関わってるの?

という問い合わせが友人知人から数件届いたのは事実。

 

いやいや、そんなわけ

ないだろwwwww

と爆笑してしまいましたけども。

 

 

あ、ついでついで。

もうひとつ俺からも燃料投下しときましょうか?w

f:id:iharadaisuke:20130731000355j:plain

俺の作品『悪徒-ACT-』には、

 針塚杏

という男の娘ヒロインが出て来るんですけど、

 

f:id:iharadaisuke:20140102122437p:plain

 キルラキル公式サイトからキャプチャ)

 針目縫

これ、ネットで話題になっている通り本当に男の娘だったら、

『キルラキル』製作陣の参考にした『男組』『炎の転校生』等の過去のマンガの中に、俺らのマンガも含まれてるんじゃないかなー

ありがたいなーとほくそ笑んでいいですかねw

正直おもしろいことになってんな! ってくらいです。

誰も怒らなくていいのになー。

 

まあ針塚杏ちゃんも(CV:田村ゆかり)って書けたら幸せだぜ。ありえないけども。

ゆかり姫は天使。

螺旋の果実(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
 

 みんな、買おうぜ「螺旋の果実」。