読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

『悪徒-ACT-』『ガンロック』でお馴染みの猪原賽×横島一コンビ、幻の単行本未収録マンガ『オーバーペイント』ダイジェストWEB公開!

マンガ 告知 賽の目記ブックス オーバーペイント

f:id:iharadaisuke:20151218171259j:plain

「ダサい絵は、塗りつぶす!」――来年お正月に発売予定のKindle限定コミックス『オーバーペイント Re:PAINT』に収録される、今までコミックス未収録だった過去の読切作品『オーバーペイント(2011年版)』を、今回ダイジェストでWEB公開いたしますよ!

 『オーバーペイント(2011年版)』ダイジェスト

最初に

『オーバーペイント(2011年版)』は、2011年7月、少年画報社刊「ヤングキング」15号と16号に連続掲載された、前後編読切60ページ作品です。
今回のダイジェストでは、まるっと全部……とはいきませんが、Kindle版・完全リイマジネーションされた『オーバーペイント Re:PAINT』の予習のために、
また当時の読切をお読みいただけてない皆さんには、Kindle版に収録される『オーバーペイント(2011年版)』のネタバレにならない程度に、
お楽しみいただけたらと思います。

ダイジェスト<前編>

f:id:iharadaisuke:20151218170527j:plain
水上恵一は、美術学校に通う中学生。しかし、美大入試試験に向けた練習でしかない教室に違和感を持っていた。

f:id:iharadaisuke:20151218170528j:plain
そんな彼がふと気づいた、壁のラクガキ。“ある一定のルール”にのっとり、街の壁やシャッターに描かれているそれは「グラフィティ」と呼ばれるもの。

f:id:iharadaisuke:20151218170529j:plainグラフィティを知らない恵一は、ふと「こういうものは誰が描いているのか」と疑問を持つ。そんな彼の背後に立つ、女性。

 「だっさい絵だよな!

f:id:iharadaisuke:20151218170531j:plainその女性は恵一に、こうした壁のラクガキが「グラフィティ」と呼ばれる“アート”だと伝えると共に、

 「所詮落描き」「描いてるとこ見つかりゃあ、お巡りに『コラッ!』ってされる

……“犯罪”でもあることを教えた。

f:id:iharadaisuke:20151218170530j:plainそして、「グラフィティ」には暗黙の了解があることも。
低レベルな絵は、また別の誰かが、ハイレベルな絵で「上描き(オーバーペイント)」出来るのだ。そうして壁というキャンバスに描かれるグラフィティは、アートとして高まるのだと。*1

f:id:iharadaisuke:20151218170532j:plain彼女の名は、龍鯉子(ルリコ)。さすらいのグラフィティ・アーティスト。
日本中の壁に誰も「上描き」できない最高の絵を描いて、グラフィティを最高のアートだと世間に認めさせたいと彼女は言う。そんな思いに、恵一は何かを感じた……!

f:id:iharadaisuke:20151218170533j:plain物足りなかったのは」「欲しかったのは……」「この感じ……!

ルリコと共に、グラフィティをコラボする恵一。

f:id:iharadaisuke:20151218170534j:plain自分が描きたいものを見つけた恵一は、ルリコに弟子入り志願をするが、ルリコは、

 「あかん

にべもなくそれを断る。なぜならば……

f:id:iharadaisuke:20151218170535j:plainルリコと恵一の前に現れる、この街の壁を支配するグラフィティ・アーティスト「グラス・ジョー」。
彼は自分の“作品”が、ルリコと恵一に塗り潰された事に激怒。グラフィティは、警察や住人達に目を付けられるだけでなく、こうした不良達との抗争に発展しかねない危険を伴うのだ。

f:id:iharadaisuke:20151218170536j:plainこの場はルリコの機転でピンチを脱したが、ルリコは恵一に「グラフィティ」ではなく、真っ当な絵の道を進めと助言し、次の街へと去るのだった――

ダイジェスト<後編>

f:id:iharadaisuke:20151218170537j:plainルリコと恵一が描いた絵は、グラス・ジョーによって既に塗り潰されてしまった。
ルリコには拒否され、止められたグラフィティの道。しかし恵一は、自分の絵で、再び「上描き(オーバーペイント)」してしまう。

f:id:iharadaisuke:20151218170538j:plainしかし、当然それはすぐグラス・ジョーに知られてしまう。

 「あのガキを探せ……!

f:id:iharadaisuke:20151218170539j:plainあっさり捕まってしまった恵一は、

 「二度と絵を描けなくしてやる!

大事な右手を、グラス・ジョーによって潰されてしまった……

f:id:iharadaisuke:20151218170540j:plain一方、隣街でグラフィティを描こうとしていたルリコは、警察の取り締まりに遭っていた。

 「芸術だとかなんだとか、そんなキレイ事言いながら、お前らはギャングと何も違わない
昨日も隣の所轄で、中学生がおまえらに暴行された

もちろんそれは、恵一が、グラス・ジョーに報復されたということに違いないのだ。

f:id:iharadaisuke:20151218181953j:plainそれを確かめるべく、元の街に戻り、グラス・ジョーと対峙するルリコ。
そしてまさに「(恵一の)手を折った」と笑うグラス・ジョーに、ルリコは……!

<ダイジェストここまで>

未単行本化の読切版収録!新作『オーバーペイント Re:PAINT』は1月発売!

f:id:iharadaisuke:20151212112431j:plain上に掲載したダイジェスト版『オーバーペイント(2011年版)』から大幅に設定を見直し、リ・イマジネーションした読切マンガ『オーバーペイント Re:PAINT』を、2016年1月に発売します!「2011年版」もきっちり収録させていただきますよ!

オーバーペイントRe:PAINT

オーバーペイントRe:PAINT

 

1月10日まで【99円セール】です! 

きんどうさんの企画【餅】に参加します!

Kindleコンテンツの紹介ブログ「きんどるどうでしょう」の管理人、きんどうzonさんの仰天企画「1月にお餅をテーマでマンガを書いていただければ、マンガ家さんが電子書籍で印税100万儲かるまで無料で働きます」というプランに乗っかり、私・猪原賽と横島一さんは新作マンガを準備しています!

その新作が『オーバーペイントRe:PAINT』。
今回ダイジェストでお送りした『オーバーペイント(2011年版)』を大幅に設定を見直し、リ・イマジネーションした、完全描き下ろしの新作マンガです。

f:id:iharadaisuke:20151212120827j:plain2011年版では女性ながら侠気(おとこぎ)と迫力に溢れるヒロインだったルリコ。
「Re:PAINT版」では見てのとおり、かわいらしい女の子にリ・イマジネーション!
犯罪と切っては切れないアート「グラフィティ」も、新たに胸を張ってペイントできる、正当で真っ当な“理由”を設定しました。

f:id:iharadaisuke:20151212114939j:plainもちろん【餅】もストーリーに関わってきます。さて、一体どんな話になるのか――続報、お楽しみに!

オーバーペイントRe:PAINT

オーバーペイントRe:PAINT

 

 1月10日まで【99円セール】です!

Kindle書、既刊あります!

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

 

これさえ読めば「漫画原作者」になれる!誰も知らないマンガ業界の“裏側”を公開!
漫画原作者というものが、一体「何」を書いてお金を稼いでいるのか。
「マンガの原作」の実作例や心構え、初心者がおちいりやすい間違いなど、業界体験談をまじえつつ、わかりやすく解説する一冊!

私・猪原賽は、そんなKindle本を発売しています。税込99円。ぜひご購入ください。
マンガ業界志望者だけでなく、「原作付きマンガ」でうまくいかないマンガ家さんや作家さんにもオススメです。 

また、『漫画原作者は一体「何」を書いているのか』内で言及した、猪原式の漫画原作シナリオで書かれた作品を多数収録したシナリオ集『漫画原作のゲンバ』も発売中です。
上巻は107円、下巻は215円。マンガ家、横島一さんの猪原式シナリオに対するネーム作例も収録されています。こちらも合わせてぜひ。

漫画原作のゲンバ (上)

漫画原作のゲンバ (上)

 
漫画原作のゲンバ (下)

漫画原作のゲンバ (下)

 

 「kobo」「iBooks」等、電子書籍サービス各社でも発売中です。

>> Amazon.co.jpで「Kindle無料アプリ」をチェック!

*1:だとしても公共物や他人の財産である建物に実際やると犯罪です。念のため。