読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

描き下ろしコミックが11日まで250円→99円セール!『オーバーペイントRe:PAINT』WEB試し読みをどうぞ

f:id:iharadaisuke:20160108100513p:plain

きんどうさんの「2016年電子書籍元年・新春描き下ろしマンガ99円セール」始まりました。漫画原作者・猪原賽(@iharadaisuke)と、マンガ家・横島一(@hyokoshima)が贈る完全新作描き下ろしコミック『オーバーペイントRe:PAINT』は、11日まで【99円】!
でも、買う前にどんな内容か知りたい……という方向けに、冒頭部分を試し読みとしてここで公開しちゃいます!

 『オーバーペイントRe:PAINT』試し読み

f:id:iharadaisuke:20160108095818p:plain

f:id:iharadaisuke:20160108095819p:plain

f:id:iharadaisuke:20160108095820p:plain

f:id:iharadaisuke:20160108095821p:plain

f:id:iharadaisuke:20160108095822p:plain

とあるヤクザ組織「邪馬淵組」。近隣住人を招いての新春恒例餅つき大会も、上層部の分裂騒ぎに自粛。親分ひとりに子分ひとりの、寂しい正月となっていた。
加えてそうした社会情勢に、邪馬淵組の屋敷の壁は、悪意のラクガキだらけ……。
子分のケイイチが、ひとりラクガキの掃除をしていたところ――

キャラクター紹介

f:id:iharadaisuke:20160105134755j:plain

○ヌリコ

ストリート・アーティストとおぼしき大阪弁の少女。スケボーを駆り、スプレーで“グラフィティ"を描く。しかしその正体は――(ヒントはコミックス表紙のイラスト等にも見える、キャップや瞳の紋様)

f:id:iharadaisuke:20160105134754j:plain

○親分

邪馬淵組組長。抗争よりも近隣住人の安全を祈り、ヤクザに対する糾弾にも黙して語らず甘んじて受け入れる任侠の人。しかし壁に描かれた悪口のラクガキの影響で、どうやら体調を崩しているようだが――

f:id:iharadaisuke:20160105134756j:plain

○ケイイチ

邪馬淵組に残った唯一の子分。ラクガキを消そうとひとりで掃除していたところ、ストリート・アーティストのヌリコと出会う。壁に新たなラクガキ(グラフィティ)をするのか!?と勘違いしてヌリコに詰め寄るが――

f:id:iharadaisuke:20160108111437p:plain

事態は思いがけない方向に――!!

オーバーペイントRe:PAINT

オーバーペイントRe:PAINT

 

>>『オーバーペイントRe:PAINT』猪原賽・横島一をKindleストアでチェック!

幻のコミックス未収録作も完全収録!

f:id:iharadaisuke:20151218181953j:plain

2011年に発表され、コミックス未収録だった『オーバーペイント(2011年版)』も特別収録しています!
犯罪がらみのちょっぴりキケンなアート“グラフィティ”を真正面から取り扱った青年マンガは、カラッと明るい少年マンガ『〜Re:PAINT』として、2016年“電子書籍元年”に塗り替えられたのです。

f:id:iharadaisuke:20151218171259j:plain

『悪徒-ACT-』『ガンロック』でお馴染みの猪原賽×横島一コンビ、幻の単行本未収録マンガ『オーバーペイント』ダイジェストWEB公開! - 漫画原作者 猪原賽BLOG

過去作と合わせて読んでいただき、どう“オーバーペイント(上描き)”されたか――そのあたりも楽しんでいただけると!

完全新作描き下ろし31ページ+幻のコミックス未収録作60ページ! 本日発売! 11日まではスタートダッシュセール【99円】です!

オーバーペイントRe:PAINT

オーバーペイントRe:PAINT

 

>>『オーバーペイントRe:PAINT』猪原賽・横島一をKindleストアでチェック!

KindleはスマホでPCで読めます

f:id:iharadaisuke:20160108100513p:plain

「Kindleはamazonが販売するKindle端末を買わねば読めない」と思ってる人が10人中8人はいらっしゃいますが、スマホで、PCで、無料のアプリを使って読むことが出来ます
Androidタブレットをお持ちなら、より快適読書が出来るでしょう。スマホやタブレットがあれば、実はKindle端末なんていらないんです!ぜひこれを機会に、Kindleの導入を検討してみてはいかがでしょうか!?

>> Amazon.co.jpで「Kindle無料アプリ」をチェック!