読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

今後のマンガはデジタル?アナログ?『デデデデ』の製作環境に驚いた/『オーバーペイントRe:PAINT』の裏テーマ

f:id:iharadaisuke:20160109100020j:plain

『オーバーペイントRe:PAINT』の販売が好調な漫画原作者、猪原賽(@iharadaisuke)です。こんにちは。画像とは関係ありませんが、年末年始にNHKで再放送されていた、『漫勉』。浅野いにお先生登場の回を見て、けっこう衝撃的だったんですよね。そんなマンガのデジタル・アナログ論を軽く、あとそこから『オーバーペイントRe:PAINT』の裏テーマを公開しちゃいます。

 『デデデデ』を描く浅野いにお先生がすごかった

今日はちょっと時間がないので、サラッと書きますが、とにかく再放送で今更見た『漫勉』浅野いにお先生の製作スタイルがオドロキだったんですよ。録画しておけばよかった。
かいつまんで描くと、いにお先生は『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』を描くにあたって、きちんとロケハンし撮りためた背景用写真を、PCでマンガ的な白黒に処理して使っていたんです。これだけ書くと「誰でもしてる手抜きじゃん」って話ですが、いにお先生はそれを出力し、これが「浅野いにおの絵だ」と言えるように、ペンで「アナログ・マンガ的な汚し」を加えていたんですよ。

写真をそのまま使うと完璧なものになってしまう。がゆえに、読者に画一的な印象を与えてしまう。だから「マンガ」として見せるための「隙」を作る。自分でシルエットやタッチを加えることで、よりマンガ的な描写にする。

単なる日常ドラマであれば、現実の背景としてロケした写真がそのまま使えますが、どんな構図にも耐えうる写真を撮ること、選ぶこと、整理すること、よけい手間がかかっていてもおかしくない。
加えて『デデデデ』はSFである。宇宙船のモチーフを木魚の写真からトレスし、宇宙船に見えるような手を加える。蚊取り線香のケースを写真に撮り、同様にする。

これはともすれば、普通に背景を描くよりも時間と手間がかかる場合もあります。

浅野いにお先生はこれまで写真トレスのような緻密な背景を描き、賛否両論巻き起こしたこともありますが、『漫勉』で見た『デデデデ』の製作スタイルは、デジタルをあくまでツールとして使いつつ、しっかりとしたアナログの手描きの技術に基づいた独自のスタイルとして進化しており、ホストである浦沢直樹先生が、

「この描き方、テレビで公開しちゃっていいの!?(みんな真似するよ!)」的なコメント寄せていたのがわかる、わかるという気分で拝見しておりました。

ほんと録画してないのもったいなかった。マンガ家の友達に会ったら「あれ見た!? 見たほうがいいよ!」と熱く語りたいくらい。

まあ、私はマンガ家ではなく、漫画原作者。マンガ家さんは現場で働き、たいしたことないよ、あたりまえだよ、とか言うかもしれませんけどもw

また再放送するなら録画しよう。

『オーバーペイントRe:PAINT』の裏テーマ

f:id:iharadaisuke:20160109102615j:plain

おわかりでしょうか。横島さんは完全アナログでマンガを描く方ですが、今回『オーバーペイントRe:PAINT』は、電子書籍限定ということもあり、作業の簡便化をはかり、実は横島さんが初めて、デジタルでマンガを描いています。紙の本で出すのではなく、雑誌に載せるのではなく、最初からKindleで……という着地点があったため、影の描写はトーンではなくグレースケールになっているんですよ。

さすがに初めてでいきなりフルデジタルとはいきませんが、ペンまではアナログ、仕上げをデジタルで……という初体験をしてもらっています。

デジタルにしろアナログにしろ、いにお先生の『デデデデ』に見るとおり、それはあくまでマンガを描くためのツールに過ぎません。横島さんに、デジタルというツールで何が出来るのかという事を知ってもらうための、「マンガ家・横島一がデジタルでマンガを描いてみた」。それが『オーバーペイントRe:PAINT』の裏テーマだったのです。

f:id:iharadaisuke:20160108111437p:plain

もちろん、「描いてみた」と言えど、手抜きや手探り感のない、しっかりマンガとして仕上がっているのがわかると思います。そのあたりは、さすがプロマンガ家と言ったところでしょうか。

『オーバーペイントRe:PAINT』好評発売中です!

f:id:iharadaisuke:20160104105757j:plain

というわけでKindle限定の描き下ろしコミック『オーバーペイントRe:PAINT』、好評発売中です。11日まではスタートダッシュセール99円!それを過ぎると通常価格の250円に戻っちゃいます。

ぜひお早めにゲットください!

オーバーペイントRe:PAINT

オーバーペイントRe:PAINT

 

 上層部の分裂騒ぎに揺れる「邪馬淵組」。その屋敷では近隣住人のための正月恒例「餅つき大会」を自粛し、たったひとり残った組員・ケイイチと親分で、2人寂しく餅つきをしていた。暴力団を排斥する世間の流れに、屋敷の壁は悪意の落書きだらけ……。

そんな時、壁の落書きアート「グラフィティ」を描くストリート・アーティスト「ヌリコ」が現れ、屋敷の門に「龍」のグラフィティを“上描き”して しまい――犯罪スレスレのストリート・アート「グラフィティ」に新たな“意味”を与える、驚愕のストリート系少年マンガ、完全描き下ろし31ページ!  幻の単行本未収録作品『オーバーペイント』(2011年版)前後編60ページも完全収録。

>>Kindleストアで『オーバーペイントRe:PAINT』をチェック!

試し読みはコチラから!

iharadaisuke.hatenablog.com

<言及した本>

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

 
デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 2 (ビッグコミックススペシャル)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 2 (ビッグコミックススペシャル)

 
デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 3 (ビッグコミックススペシャル)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 3 (ビッグコミックススペシャル)