読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

マンガ・イラストクリエイターさん必見!「CLIP STUDIO PAINT PRO」を今、一番安く手に入れる方法!

f:id:iharadaisuke:20151215133447p:plain

「マンガディベロッパーズカンファレンス(MDC)」というトークイベント・セミナーの第6回と第7回に参加して来ました。
マンガ業界が気になる人は、要注目のイベント。ここで得た、デジタルマンガの作成をこれから考えようという方に、特に有益な情報を公開します。

それは、デジタルマンガの作成ツール「CLIP STUDIO PAINT PRO」が4,980円で買えるというお得な通販サイトがある、という話。

MDC(マンガディベロッパーズカンファレンス)について

MDCとは?

漫画家支援を10年続けたトキワ荘プロジェクトが、次に目指すものは、デジタル時代のマンガビジネスを支える、場作りです。
マンガディベロッパーズカンファレンスは、  漫画家や編集者は勿論、漫画に関わる実務家が集まり、交流し、まだ答えの出ていない、デジタル時代のマンガビジネスを 議論していける場を目指します。

これは、MDCの公式サイトトップページの文言です。

「トキワ荘プロジェクト」という、マンガ家を支援する活動があります。ざっくり言えば新人や、これからマンガ家を目指す人に、シェアハウスを提供し、そんな入居者のコミュニケーションや、出版社への持ち込みや応募などを支援する活動。
既に“トキワ荘”*1から巣立ったプロマンガ家は50名を超え、プロ未満であっても、アシスタントの斡旋などが横のつながりでなされているようです。
そんな「トキワ荘プロジェクト」が手掛ける、マンガ業界支援の新たな一手……

そこで考えたのは、「現在は、漫画家も沢山いるし、発表する場も十分にある。この時代に漫画家を支援するとは、漫画家にフォーカスするだけでは足りず、デジタル時代に対応したマンガビジネスを新たに作り、食べていける人を増やす必要がある。」ということです。その為に、新しいビジネスを作っていく場として、MDCを行います。

 マンガ家だけでなく、マンガを取り巻くビジネス周りを育てるために、整理し、話し合う。そんな意図で、これまで以下のようなミニセミナーが開催されて来ました。

リンクが貼ってある項目は、MDCサイト内のミニレポートに直リンしてます。まだ開示されていないレポートについては、下記の、参加者であるマンガ家・戸城イチロさんのレポマンガを参照ください。(現在4回まで。戸城さんは第1回からレポートマンガをマンガ図書館Zでアップロード公開されています。)

マンガ業界を、マンガ家や出版社・編集者だけに限らず、マンガをまだまだこれから盛り上げる“周囲”――を育てよう、そのために集まって話し合おう、というのが、「マンガディベロッパーズカンファレンス」MDC、というわけです。

MDCに参加してみて

この、第6回と、第7回に、私、猪原賽は参加して来ました。
マンガの“周囲”を育てようという主旨ながら、やはりプロのマンガ家や、各社の編集者が参加者に多く、個人や一企業では動きづらい中、出版不況を打破したい、マンガの火を絶やしたくないという思いを持つ方が多く、もちろんマンガ業界と関係ない、マンガファンの一般人の方も少なからず参加されていました。

私が参加した回のテーマは、
デジタルコミックの描き方と稼ぎ方。~気鋭漫画家×comico×ebookjapanクロストーク」と、
『うしおととら』担当編集者が語る「漫画は読まれてナンボ」」。

前者はこれからデジタルコミックに挑戦しようという新人マンガ家さんや、特に登壇者にcomicoの社員さんがいたため、comicoについて探りを入れるような編集者が多く、
また後者には、カリスママンガ編集者の話を聴こうとする新人・ベテランマンガ編集者が多かった印象です。

そのレポートに関しては、公式のレポートや、戸城イチロさんのマンガを待ちつつ、これだけは言っとく。

大手出版社のマンガ編集者編集長、「トキワ荘プロジェクト」に協力するプロマンガ家さんの参加が多く、セミナー後は1時間の懇親会がセットになっています。名刺交換、ご挨拶できるだけでもすんごいぞ!

もちろん、セミナー自体も、テーマに少しでも引っかかればかなり有益なイベントであることも太鼓判押しておきます。これは、マンガ家に限らず、マンガの周辺のビジネスをぼんやりと考えている企業の方にも同様です。ここで出来るつながりは、かなり強そう。

今年のセミナーは終了しましたが、また来年のラインナップに期待します。
今後のセミナーの案内、申し込み等の情報が欲しいな、という方は、MDCの公式サイトを参照ください。(下記)

www.manga-dc.jp

「CLIP STUDIO PAINT PRO」を一番安く手に入れる方法!

「クリスタPRO」はcomicoSHOPが最安!

さて、そんなわけで、MDC第6回において、comicoの社員さんが、すんげえお得な情報を、参加者向けに授けてくれました。それが、「クリスタ、ウチ(comico)で買えばすごい安い」。

comicoが運営する、自前の作品のグッズ販売をする「comicoSHOP」では、若手デジタルコミッククリエイター向けに、「CLIP STUDIO PAINT PRO」を、4,980円で販売。しかも送料無料。
今ここが、日本で一番安く「クリスタPRO」を買える通販サイトなんだそうです。

その名も「CLIP STUDIO PAINT comico」

f:id:iharadaisuke:20151215145046p:plain

通常の「クリスタ」とパッケージ違う……

f:id:iharadaisuke:20151215145212p:plain

これは、通常の「クリスタPRO」に、comico向けの追加機能、

  • comico用キャンパスプリセット
  • comico投稿ページへのリンクボタン

が付いているだけで、アプリケーション内容はまんま「クリスタPRO」なんだそうです。クリスタPROは、定価9,180円……

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT PRO

 

 エントリー執筆時のamazon価格でも5,527円。セルシスの公式サイトのダウンロード販売でも5,000円。
したがって、驚くほど安いというわけではないですが、

f:id:iharadaisuke:20151215145900p:plain

comico限定パッケージで、comicoスタイルのデジタルコミック教本ダイジェスト(PDF版)も付いてくる。これは確かにお得だ。

この値段だったら、一度マンガを描くことを諦めた私でも、ちょっと買って遊んでみるかなー、なんて思ったりもしてしまう。

さて、ご購入、検討したいなーという方は、下記リンク先よりどうぞ。

shop.comico.jp

私は別にcomicoSHOPの回し者でも何でもないですが、ましてや紹介料なんて出やしませんが、少しでもお得にデジタルコミックツールを手に入れたいなーと思っている人がいるなら……と、MDCのレポートは置いておいて(笑)、今回はこちらをメインに紹介しとこうかなと思いました。

もちろん、今後のMDCにも注目しています。来年のイベント開催も期待していますし、もっと多くの方が集まればなと思っています。

マンガの原作の書き方から電書時代の業界トークまで、Kindle本販売中です

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

 

comicoを始め、電子出版時代に「マンガ」はどうなっていくのか――そんなトークと、マンガの原作とは何かについて語る電書を書きました。99円で販売中です。
マンガ業界志望者だけでなく、「原作付きマンガ」でうまくいかないマンガ家さんや作家さんにもオススメ。 

また、『漫画原作者は一体「何」を書いているのか』内で言及した、猪原式の漫画原作シナリオで書かれた作品を多数収録したシナリオ集『漫画原作のゲンバ』も発売中です。
上巻は107円、下巻は215円。マンガ家、横島一さんの猪原式シナリオに対するネーム作例も収録されています。こちらも合わせてぜひ。

漫画原作のゲンバ (上)

漫画原作のゲンバ (上)

 
漫画原作のゲンバ (下)

漫画原作のゲンバ (下)

 

 「kobo」「iBooks」等、電子書籍サービス各社でも発売中です。

>> Amazon.co.jpで「Kindle無料アプリ」をチェック!

*1:過去の伝説のアパートのことではなく、このプロジェクト内のシェアハウスのこと