読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

急いで!埼玉・熊谷ご当地マンガ『くまがヤン』がeBookJapanで1冊まるっと無料立ち読み実施中

f:id:iharadaisuke:20160228102134j:plain埼玉県熊谷市のご当地マンガの原作を書いていた猪原賽(@iharadaisuke)ですこんにちは。「熊谷+ヤンキー」で『くまがヤン』! ちょっとタイトなスケジュールですが、本日28日までまるっと全1巻、すべてWEB立ち読み出来るみたいです。知らなかった、という人はぜひ読んでみてくださいね。

 『くまがヤン』まるっと1冊WEB立ち読み!

くまがヤン - 電子書籍・コミックはeBookJapan

というわけで、現在eBookJapanにて無料で1冊無料立ち読みできます。
少年画報社のコミックスの1巻がまるっとeBookJapanで無料で読めるフェア(2月28日まで!)の一貫のようですので、画報社のコミックスで気になる作品がある人は、eBookJapanサイト内で探してみてはいかがでしょうか。

f:id:iharadaisuke:20150323150857p:plainところでこの『くまがヤン』。私自身高校時代を熊谷で過ごしたので、思い入れもあるマンガなんですよね。実体験がマンガに活きる、という話はこの前のエントリーでお話させていただきましたが、私は全然ヤンキー文化とは無縁な高校生活を送っていた。男子高で、非常に童貞くさい非モテライフを送っていたわけです。

f:id:iharadaisuke:20160228112328j:plain主人公・ガリガリも、かつては狂犬レベルで恐れられた深谷のヤンキー中坊だったのですが、

f:id:iharadaisuke:20160228112401j:plain高校生となった今は丸く、

f:id:iharadaisuke:20160228112444j:plainそして女っ気のない高校ライフを送っています。

なので“ヤンキー”というジャンルにはされていますが、実際のところは童貞ヤンキー3人組が、女の子を求めては玉砕する姿が見られる、ゆるっとご当地コメディになっています。

私の学生当時の熊谷ライフと、彼らの“くまがヤン”ぶりはかなりリンクしており、いきいきとしたキャラクターとなりました。それは熊谷と縁もゆかりもないマンガの作画担当・横島一さんにも伝播し……

横島さんもとても気に入ってもらえてる作品です。eBookJapan の無料立ち読みは本日きりですが、埼玉県民、熊谷市民、そして主人公のガリガリ出身の深谷市民も注目のご当地ヤンキーコメディ『くまがヤン』。ぜひご一読を。

くまがヤン - 電子書籍・コミックはeBookJapan

★宣伝タイム★

仮面ライダークウガ(1) (ヒーローズコミックス)

仮面ライダークウガ(1) (ヒーローズコミックス)

 

 『くまがヤン』のマンガを描いてくれていた横島一さんは、現在『仮面ライダークウガ』のコミカライズを手がけております。現在3巻まで発売されています。連載は「月刊ヒーローズ」。私も実は『クウガ』の構成として、逆に横島さんのスタッフとして協力しています。ぜひチェックを!

オーバーペイントRe:PAINT

オーバーペイントRe:PAINT

 

 今年の1月に、そんな横島さんと組んでKindle限定の電子書籍コミックスを発売しました。『くまがヤン』の流れで少年画報社のヤングキングで発表し、そのままコミックス未収録となっていた読切『オーバーペイント』と、それを大幅にリ・イマジネーションした描き下ろし31ページの『オーバーペイントRe:PAINT』。新旧読切の読み比べも楽しいですよ。

上層部の分裂騒ぎに揺れる「邪馬淵組」。その屋敷では近隣住人のための正月恒例「餅つき大会」を自粛し、たったひとり残った組員・ケイイチと親分で、2人寂しく餅つきをしていた。暴力団を排斥する世間の流れに、屋敷の壁は悪意の落書きだらけ……。そんな時、壁の落書きアート「グラフィティ」を描くストリート・アーティスト「ヌリコ」が現れ、屋敷の門に「龍」のグラフィティを“上描き”してしまい――犯罪スレスレのストリート・アート「グラフィティ」に新たな“意味”を与える、驚愕のストリート系少年マンガ、完全描き下ろし31ページ!【250円】

>>Kindleストアで『オーバーペイントRe:PAINT』をチェック!

くまがヤン (ヤングキングコミックス)

くまがヤン (ヤングキングコミックス)

 

 >>Kindleストアで『くまがヤン (ヤングキングコミックス)』をチェック!