読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 猪原賽BLOG

「学園ノイズ」「悪徒」「放課後カタストロフィ」の原作者/ブロガーが告知したり漫画の作り方、関連ニュースをお伝えします

オオシマヒロユキ+猪原賽の幻のデビュー“前”作『Revolver』Kindle化のお知らせと、きんどうさんの「Kindle普及計画」に乗っかるという告知!

f:id:iharadaisuke:20151114154842j:plain

猪原賽とオオシマヒロユキの、幻のデビュー前作、『Revolver』をKDPでセルフパブリッシングしました。Kindleをご利用の方、ぜひご購入ください。Kindleを持ってない方も、お手持ちのiPhone等のスマホでもPCでも、Kindleアプリで読むことが出来ます。Kindleの導入も同時にご検討ください。

>> Amazon.co.jpで「Kindle無料アプリ」をチェック

デビュー作じゃない!デビュー“前”作!

f:id:iharadaisuke:20151114155137j:plain

こちら、2002年発行の同人誌「Revolver」。オオシマヒロユキ+猪原大介(現・猪原賽)が、2000年のコンビマンガ家デビュー以前に、出版社への持ち込み原稿として製作した読み切りマンガを、創作同人誌として自費出版したものです。

『Revolver』は持ち込み用素材としてほうぼうの編集者に読んでもらいましたが、コミックスには未収録。

そりゃそうですよね。デビュー前のマンガなんて、古すぎて人に見せらんない。プロ以前の原稿ですもの。

でもちょっと事情が違うのは、俺・猪原賽はともかく、オオシマヒロユキは『Revolver』以前に、個人的に高校生の時、ジャンプのホップ☆ステップ賞や手塚賞で受賞経験があり、増刊誌ですが誌面に作品を掲載したこともありました。

15年前の作品ですが、全力を注ぎ込んだ『Revolver』

f:id:iharadaisuke:20151114154842j:plain

もう1回貼っておきます。見てくださいこの見開き。デビュー前の投稿作と言っても、ジャンプ掲載経験あり、そしてその後プロのイラストレーターとして活躍していたオオシマヒロユキに、俺が協力する形で作られた『Revolver』は、手前味噌ですが、表に出せないようなマンガじゃありません。

『Revolver』は「オオシマヒロユキ+猪原大介(現・猪原賽)」というコンビマンガ家のデビュー“前”作ですが、オオシマヒロユキのジャンプ作家としてのプロデビュー後、しばらくのイラストレーター転業していた時期を超えての、久々のマンガだったのです。

“若さ”はたっぷり、突っ込みどころも見受けられ、正直恥ずかしくもありますが、お蔵入りさせることもないでしょう。当時の我々が全力を注いだ、15年前のマンガです。

f:id:iharadaisuke:20151114160439j:plain

表紙は私が30分で作成した突貫工事ですが、当時の“若さ”込みで、今の俺の読者の方にも読んで欲しいなあ。

お値段は250円となっています。→ Kindleストア「Revolver-リボルバー

Revolver-リボルバー-

Revolver-リボルバー-

 

裏テーマは、俺のKDP運用テスト

……というのはまあ、表向きの理由だったり、状況だったりします。こんな企画をご存知でしょうか。

kindou.hatenablog.com

Kindle本紹介ブログを運営するきんどうzonさんが、驚きのKindle(電子書籍)普及キャンペーンを打ち出しました。

表題のとおりなのですが、電子書籍だけで年間100万円の印税を稼げる作家さんをみんなで生み出そうという計画をたてようと思いまして。具体的にはマンガ家さんが書いた作品を「おまえをベストセラーにしてやろうか!」と、出版と関係ない他業種のプロが集まって寄ってたかって新しい電書の売り方を模索できればなぁと。

そこで本記事を通じて地獄の悪魔と手を結ぶマンガ家さんと疲れ知らずの広告屋、そして出版他業種の営業マンといった特攻野郎を集めたいというのが本記事の趣旨です。

なんでこんなことするのかといえば【このまま日本市場が版社主導ですすむと、電子書籍は紙の代替でしかないから、そう遠くないうちに市場が縮小しそうなんで読者に近いコンテンツ・クリエイター側でもっと混沌を生んだ方が面白い】なんてのが理由です。

俺、この企画に乗っかろうと思ってまして。

もちろん私自身がマンガを描くわけでなく、原作者として、マンガ家を連れて来て、ねえ、一緒に印税100万稼ごうよぅ、ねぇねぇ〜と口説いております。

実は俺、KDPでセルフパブリッシング、したことあるんですよ。それは何のご縁か、現在はマイナビさんから電子書籍として出版し直しされている……

漫画原作のゲンバ (上)

漫画原作のゲンバ (上)

 
煩悩ドライヴ

煩悩ドライヴ

 

こうした文章メインの本。

でもマンガはKDPで出したことがない。今はマンガを簡単にKDP向けの電子書籍化するツール「KindleComicCreator」がある。

きんどうさんの「電子書籍で【お餅】をテーマにしたマンガを2016年1月に発売してくれれば、きんどう他が宣伝やブログ作りなどを無料で全部やりまっせ企画

に参加するための、「KindleComicCreator」を使ってセルフパブリッシングする過程を実際体験して学ぼうと、オオシマに「ねぇねぇ、『Revolver』使って電子書籍化試してみていい?」「いいよ」とやりとりがあった。その結果、なぜかこのタイミングで生まれた……

Revolver-リボルバー-

Revolver-リボルバー-

 

このKindle書というわけなのでした。

「Kindle? 端末持ってねえよ」との意味不明な返事をいただくことが多いことでお馴染みのKindle、電子書籍。

冒頭にも書いたとおり、Kindleは専用端末だけでなく、PC、スマホ、タブレット、ファブレットに対応するアプリがあります。無料です。「Kindleアプリ」がありますよ。

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Kindle for Mac [ダウンロード]

Kindle for Mac [ダウンロード]

 

WindowsでもMacでも、これインストールすれば読めますよ。

これまで電子書籍の導入に踏み切れてない人は、こういうところから始めてみてはいかがでしょうか。

Revolver-リボルバー-

Revolver-リボルバー-

 

 で、とりあえずこの本「Revolver-リボルバー-」を買っていただいてですね……

★きんどうさんの「印税100万企画」に参加しますので!

正式に、今回のきんどうさんの「電子書籍で【お餅】をテーマにしたマンガを2016年1月に発売してくれれば、きんどう他が宣伝やブログ作りなどを無料で全部やりまっせ企画」に、私・猪原賽、参加します! その事をここに宣言します!

で、誰がマンガを描くのか、どんな作品が出来るのか……その辺りはぼちぼちとこちらのブログ「賽の目記」でお知らせしていきますので、ご期待くださいませ!